日本イラストレーター協会

イラストの仕事依頼

 日本イラストレーター協会(JIA)はプロのイラストレーターの為の支援団体です。
 イラストレーターをお探しの方には最適のイラストレーターをご紹介いたします。
 イラストレーターの方にはあなたに合ったお仕事を斡旋いたします。

 (Japan Illustrators' Association)

 イラストレーターをお探しの方へ

インターネットでイラストレーターを探す場合、多くのサイトを見なければならない為、非常に時間がかかります。また、アマチャアもプロも混在していますから、本当に実力のあるイラストレーターかどうか見分けるのが難しくなっています。

日本イラストレーター協会(JIA)には、プロのイラストレーターが500名以上在籍しております。 
入会には審査がありますので、他の無料登録サイトのように、いいかげんなイラストレーターは在籍しておりません。また、実力主義ですから、プレゼンで勝ち抜けないイラストレーターは仕事が取れない為、何年か在籍後に退会していきます。その結果、優秀なイラストレーターのみがJIAの会員として残っていきます。

日々仕事をこなしているプロのイラストレーターでさえ、イラストレーターとして必要な知識や、心構えが足りない人を良くみかけます。JIAではイラストレーターに対して教育も行っています。従ってJIAに在籍しているということが、信用できるイラストレーターというひとつの目安になってきています。

JIAに登録しているイラストレーターの作品サンプルは「作品展示ギャラリー」にて見ることが出来ます。ジャンル別に展示してありますので、探す手間が省けます。

 イラスト発注手順

JIAの「作品展示ギャラリー」でイラストレーターをお決めになられましたら、プロフィールの一番下に掲載されているホームページのリンクからそのイラストレーターに直接発注することができます。イラストレーターの名前が分かっている場合は「JIA会員リスト」のページで名前を探して頂き、ホームページのリンクからイラストレーターに直接発注することができます。

リンクされている会員のホームページからイラストの仕事を発注する場合は、「日本イラストレーター協会のサイトで見た」とイラストレーターに伝え、直接発注して下さい。知らない人から突然メールされてもイラストレーターは警戒しますので、安心してもらう為にも、日本イラストレーター協会のホームページ経由で来たことを明らかにして下さるようお願いいたします。

お目当てのイラストレーターのホームページにリンクされてない場合は、JIA事務局までお問い合わせ下さい。JIA事務局からイラストレーターに連絡を取り、イラストレーターから直接あなたに連絡するよう伝えます。この場合は、仲介手数料などは一切頂きません。

 イラストのコーディネート

イラストレーターの選択はとても難しいものです。タッチだけ見ても本当にそのイラストレーターが、あなたのお仕事に向いているかどうかは分かりません。それはイラストレーターの表面だけしか見ていないからです。

同じタッチでも、「人物が得意」「動物が得意」「植物が得意」「メカが得意」「風景が得意」なイラストレーターといろいろです。「人物が得意」なイラストレーターの中でも「男性が得意」「女性が得意」「子供が得意」「お年寄りが得意」「外国人が得意」「日本人が得意」「ポートレイトが得意」「動きのあるポーズが得意」なイラストレーターなどいろいろです。

逆に言うとそれ以外は苦手という人もいます。また「仕事が速い人」「遅い人」、「飲み込みが速い人」「遅い人」、「想像で描くのが得意な人」「資料に忠実に描くのが得意な人」などさまざまです。JIAのコーディネーターは、このようなイラストレーター個々の情報まで把握していますので、イラストレーター選びでミスをすることが非常に少なくなります。イラストレーターの選択ミスによる損害を考えたら、イラストコーディネーターに頼む方が得策だと言えます。

イラストコーディネーターに頼んだからといって、イラスト料に上乗せされることはありません。

 イラスト納品まで

イラストレーターが決まりましたら、各条件を確認後にまずラフを提出してもらいます。イラストレーターがラフに着手した時点から料金が発生します。ラフ代は鉛筆ラフ(線画)であれば、通常数千円と考えて下さい。

イラストレーターから提出されたラフを見て頂き、何か注文がある場合はそれを伝え、イラストレーターにラフを修正してもらい、再提出してもらうことが可能です。通常の修正であれば、ラフの修正に関して追加料金は発生しませんが、内容に変更が出て最初から描き直さなければならない場合は、追加料金が発生します。

ラフ提出後、どうしてもそのラフが気に入らないという場合はキャンセル、またはイラストレーターを変更することができます。その場合はラフを描いたイラストレーターに対して、ラフ代を支払わなければなりません。クライアント様にラフのチェックをして頂き、OKが出てからイラストレーターに着色またはデータ化してもらいます。

イラスト着色後またはデータ化後の修正は最小限にとどめて頂きます。変更が出た場合は、その度合いにより、追加料金が必要になります

 イラストレーターのオーディション

複数のイラストレーターを選びオーディションを行うことも可能です。
例えば3名のイラストレーターの内、誰にするか決めかねていらっしゃる場合、その3名にラフスケッチを描いてもらい、気に入った人を選ぶことができます。

ラフスケッチで判断できない場合は着色まで仕上げてから、検討して頂くことも可能です。ただしその場合は、オーディションで落ちたイラストレーターにも、プレゼン費としていくらか支払う必要が生じます。いくら支払うかはケースバイケースですので、事務局までお問い合わせ下さい。

 イラストの料金

気になる料金ですが、例えばパンフレットなどで10cm角に納まるくらいの小カットとして使用する場合、モノクロイラストで1点あたり3,000円〜5,000円、カラーで5,000円〜10,000円というところが相場です。料金はイラストのタッチ、イラストレーターの知名度、クライアントの規模、使用媒体、使用期間、発行部数、使用サイズなど総合的に判断して決めていきます。

イラストのお見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
広告業界の悪習として、最初に金額をはっきりさせないで、仕事を依頼するケースがよく見られますが、これはトラブルの元なので、なるべく最初に見積もり書や発注書をFAXで送付して合意してからの発注が望ましいです。

イラストの著作権、版権に関しては、「イラストにお金を払ったから、こちらのもの」ではありません。特別な契約をかわさない限り、クライアントは1回使用する権利を得たというだけのことです。基本的に著作権、版権はイラストレーターに帰属しますから、2次使用や別の媒体に使用する場合は新たな料金が発生します。

イラストのコーディネートに関してはこちらご確認下さい。

イラストのお仕事依頼フォームを開きますと、一番上に「コーディネートを依頼しますか?」という項目があります。
お好みに合わせて下の4つの項目からお選び下さい。

●希望のイラストレーターに転送して欲しい
フォームからお送り頂いたメールをそのままご希望のイラストレーターに転送します。希望のイラストレーターが最初から決まっていて、連絡先が分からない場合のみ転送します。後は最後までイラストレーターと直接取引して頂きます。

●メーリングとで情報だけ流して欲しい
フォームよりお送り頂いた内容をそのままJIA会員約500名が登録しているメーリングリストで流します。この場合、大勢のイラストレーターから連絡が来ますから、全てのメールに対していちいち返信しなければなりません。イラストレーターが決まりましたら、他のイラストレーター全てに不採用の通知をしなければなりません。後は最後までイラストレーターと直接取引して頂きます。

●イラストレーターの人選はコーディネーターに任せる
コーディネーターがそのお仕事に向いているイラストレーターを探して発注します。この場合、その後のやり取りは全てコーディネーターを通して行って頂きます。各イラストレーターへの通知は全てコーディネーターが行います。日本イラストレーター協会を通しての取引になります。

●コーディネートを依頼する
コーディネーターがイラストレーターからタッチ見本を集めてお送りし、お客様にイラストレーターを選んで頂き、その後のやり取りは全てコーディネーターを通して行って頂きます。各イラストレーターへの通知は全てコーディネーターが行います。日本イラストレーター協会を通しての取引になります。

イラストのコーディネートを申し込む場合は必ずこちらご確認下さい。

イラストのお仕事依頼フォームはこちらをクリックすると開きます。